コトバノニッキ -新元号発表ですが、まだ平成ですよ-

学び
スポンサーリンク

ども。スイカ(@suika_no_me)です。

今日はいよいよ”新元号“が発表されますね。

勘違いしている人が結構いるみたいですが、

え? きょうが「平成最後の日」? 勘違いする人続出、Twitterトレンド1位に(岡田有花) - Yahoo!ニュース
3月31日朝、「平成最後の日」がTwitterのトレンドトップになっている。実際は、平成最後の日では「ない」が、勘違いしている人が多いようだ。

今日もまだ”平成“ですよー!

発表時の11時30分は、仕事中だから、リアルタイムで知ることはできませんが、どんな”元号“になるんでしょうね〜。

さて、今日のコトバノニッキは?

スポンサーリンク

2019年4月1日のコトバノニッキ

元号(げんごう)・年号(ねんごう)とは?

今上天皇“(今在位されている天皇陛下)が2019年4月30日に退位され、”皇太子徳仁親王殿下“が5月1日に即位されることに伴い、4月1日11時30分から”新元号“の発表がありますね。

元号“の他にも”年号“って言ったりもしますよね。

普段は無意識に使っていますが、これって違いがあるのでしょうか?

元号“とは、

、日本を含むアジア東部における紀年法の一種。特定の年代に付けられる称号で、基本的に年を単位とするが、元号の変更(改元)は一年の途中でも行われ、一年未満で改元された元号もある。日本においては年号(ねんごう)とも呼ばれることもある。公称としては、江戸時代まで「年号」が多く使われ、明治以降は一世一元の制が定着し、「元号」が法的用語となった。現代では元号法が制度の裏付けとなっている。

引用:元号 – Wikipedia 2019年3月31日 (日) 01:47 UTC

ということで、以前は”年号“と言っていましたが、現在は”元号“が正式な呼び方ではあるものの、意味に大きな違いはなく、”年号“と言っても間違いではない。ってことですね。

日本で最初の元号は”大化”

日本はいつから”元号“を使い始めたのでしょうか?

日本書紀“では、”天豊財重日足姫天皇の四年を改めて大化元年とす“と記されており、645年の”大化の改新(たいかのかいしん)“の時に用いられた”大化“が日本で最初の”元号“であるとされています。

元号“が変わることを”改元(かいげん)“と言い、”践祚(せんそ)”の他に、疫病や大地震などの天変地異などその他の理由により”改元“されることもありました。

また、”飛鳥時代“には、”新元号“が定められなかった期間(654年11月24日〜686年8月14日と686年10月1日〜701年5月3日)もあったようです。

践祚“とは、

天皇がなくなったとき、あとつぎの皇族が すぐ位に つくこと。

引用:三省堂国語辞典 第七版

とのことで、即位譲位と同じ意味合いでしたが、”桓武天皇“以降、”三種の神器“を受け継ぐことを”践祚“、皇位につくことを公布することを”即位“として区別されていました。

現在は、”皇室典範“により、天皇の崩御後に”即位の礼“を行うと改められており、”践祚“という言葉は使用されていないようです。

“平成時代”から新たな時代へ

31年続いた”平成“も、あと1ヶ月で新たな”元号“へ変わります。

それは、一つの”時代“の区切りでもありますが、明治の”王政復古“以前は、”元号“での区切りではなく、”幕府“など、その時代の政権の所在によって区切られていました。

明治“以降の近代〜現代では歴史上の年代の一区切りとして、それぞれ”元号“を冠して”〇〇時代“と呼んだり、その年代に生まれ、過ごした人々を”〇〇世代“と呼んだりもしていますね。

昭和“生まれのボクとしては、もはや”昔の人“と言われてもおかしくなくなってきているんだなぁと思うと、なんだかちょっと切なくなってきますね(汗)

何はともあれ、新しい時代が間も無く始まります

色々と暗い話題が絶えませんが、明るい話題が多い時代になって欲しいなと思います。

今日の名言

虎は死して皮を留め 人は死して名を残す

十訓抄より

虎は死んだ後には、美しい毛皮を残しますが、それと同じように人は死後も名を残し、語り継がれる位の立派な生き方をするべきだ。ということかと思います。

死んでしまったら、もうどうでもいいよ。っていう人もいるかもしれませんが、人はどんな生き方をしても、そして、例え多くの人に知られることはないにしても、関わった人々の心の中に思い出とともに名は残ります

たとえそれが、悪名だとしても。です。

もし、悪名だけが残ったとしたら、残された身内はそれを背負って生きていかなくてはなりませんよね。

聖人君子“であれ、というわけではありませんし、身内のために生きろっていうわけでもありませんが、そう言ったことも心に留めておくべきではないのかなと思います。

死ぬまで自分の生き方が良かったか悪かったかなんてわかりませんが、後悔のない生き方をしていきたいものですね。

スイカのまとメ

初めてのコトバノニッキでしたが、こんなんでいいのかどうかよくわかりません…。

色々試行錯誤しながら綴っていきたいと思います。

へば、まんつ〜。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました