今日のアレコレ -3月23日- 省エネは大事!相談も大事!

ガジェット
スポンサーリンク

ども。スイカ(@suika_no_me)です。

最近暖かかったり、雪降ってくるくらい寒かったり、寒暖差が激しいので、体調崩しやすい状況ですよね〜。

冬物をしまうのはもうちょっと先にして、体調崩さないようにしなきゃですね〜。

さて、今日はどんな感じ?

スポンサーリンク

2019年3月23日

世界気象デー

世界気象デー“とは、

世界気象機関(WMO)は、1950年(昭和25年)3月23日に世界気象機関条約が発効したことを記念し、 毎年3月23日を世界気象デーとして、気象業務への国際的な理解促進を目的にキャンペーンを行っています。

引用:気象庁|報道発表資料

今年のテーマは、”サン(太陽)・アース(地球)・ウェザー(気象)“とのことで、近年の問題となっている地球の温暖化は、二酸化炭素などの温室効果ガス濃度の上昇によるものが原因とされていますが、このままこの温室効果ガス濃度の上昇が続くと今世紀末までに地球の平均温度は3〜5℃上昇する恐れがあり、それにより、世界各地で熱波や局地的的な豪雨、干ばつの増加が予測され、健康被害や食料問題、水資源の不足、さらには安全保障や経済成長への影響などのリスクが増えてしまう恐れが考えられます。

気象や気候など地球環境の現状を見つめ直し、自分にできることを実践することが大切です。

例えば、

  • エアコンの設定温度を控えめに設定する。(夏は28℃、冬は20℃など)
  • 使用していない電化製品の電源プラグを抜く
  • シャワーの出しっ放しを控える
  • 自動車のアイドリングストップを控え、エコドライブを心がける

といった感じで、省エネすることは、それだけ家計を抑えることにも繋がりますので、環境問題を意識するというよりは、節約することから始めてみても良いのかなぁと思います。

今日の名言

石の上にも三年

松江重頼 1602〜1680 江戸前期の俳人

石の上に座ると最初のうちは冷たく不快だが、ずっと座り続けると自分の体温で温まり快適になってくるように、何事も最初のうちは、できないことや辛いことが多く、投げたしたくなることもあるかもしれないけれど、それでも続けていくことで、それにも慣れるとともに色々な物事を覚え、自分自身が成長していく。ということかと思います。

中学校・高校も、入学時は大変ですが、進級するごとに確実に成長し、卒業する頃には入学時と比べ、見違えるほどに成長した。と卒業した人は実感しているでしょうし、在学中の人は卒業するまでにそう実感することでしょう。

しかし、学生時代が終わり、社会人になってからは、それが必ずしも当てはまらないこともあります

この”石の上にも三年“という言葉に縛られすぎて、本当は環境が悪かったり(ブラック企業など)、自分に向いていないとわかっていても、三年は頑張ろうと思って無理をしていては、心身ともに壊れてしまったりすることもあり得ます

かといって、あ。無理。といってすぐに見切りをつけるのも考えものです。

3年というのは、あくまで例えであって、どのくらい頑張るのかよく考え、自分の置かれた環境を見極めるのも大切です。

そんな時は一人で悩まず、家族や親しい人に相談しましょう

そして、どうしても無理だと思ったら辞めてもいいのです。

あくまで心構えとして捉えて頑張ってみましょう!

スイカのまとメ

見切りが早かったこと、我慢しすぎたこと両方経験しているから言えるけど、共通して言えるのは、一人で抱え込みすぎたのが大きかったと思います。

相談大事ですよ!

へば、まんつ〜。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました