今日のカレンダー -2月3日-

学び
スポンサーリンク

ども。スイカ(@suika_no_me)です。

最近は土曜に家にいると、昼ごはんを食べた後、うとうとして結局眠ってしまい、目が覚めると夕方っていう無駄に時間を過ごし、今日は何もしなかったと落ち込むパターンが続いています。何とか脱したい!って思うんですが、昼寝は気持ち良すぎるんすよね〜!

さて、2月3日はどんな日でしょうか!?調べてみましょ!

スポンサーリンク

2019年2月3日

のり巻きの日

のり巻きの日“は、1987年に”全国海苔貝類漁業協同組合連合会“が制定したとされています。

また、”株式会社あじかん“は、年4回の”節分の日“(“立春“、”立夏“、”立秋“、”立冬“)に、その年の恵方に向かって巻き寿司を食べると願いが叶うと言われていることから、”節分の日“を”巻寿司の日“として2011年1月31日に記念日として登録しています。

今は、”節分の日“に恵方に向かって”恵方巻き“を食べるのが一般的になっており、スーパーやコンビニなどでバリエーション豊富な”恵方巻き“たくさん売られていますが、節分がすぎて売れ残った”恵方巻き“が大量に廃棄されているのが問題視されています。

エラー|NHK NEWS WEB

大量に廃棄されることも問題ですが、企業にとってもコストがかかる為、”予約販売“や”恵方巻きの小型化“など対策を講じているようです。

そういや今年は恵方巻きのCMとか見てない気がするのですが、気のせい?これも対策の1つなんでしょうかね?

豆まき

豆まき“は、”節分の日“に邪気を追い払うために豆を撒き、自分の歳の数だけ豆を食べると体が丈夫になり風邪を引かないといった古くからある風習で、”魔目(まめ)“を鬼の目に投げ、鬼を退治する(滅する)”魔滅(豆)“という意味があります。

豆まきには、豆そのままの状態でまくと、そこから芽が出てしまい縁起が悪いため、お祓いされ、炒った大豆(“魔目“を”射る“という意味合いから)を使いますが、地方によっては落ちても汚れない落花生をまきます。

ちなみにボクの家では、落花生をまいてます。

また、各地のお寺や神社などでも豆まきが行われ、たくさんの有名人が豆まき参加した様子が報道よく報道され、一大イベントと化している感がありますよね。

節分

節分(せつぶん)“とは、

立春の前の日。二月三日ごろ。豆まきをする。〔もと、立春・立夏・立秋・立冬の前日をさした〕

引用:三省堂国語辞典 第七版
とのことです。

節分“=”豆まき“&”恵方巻き“のイメージが強いですよね!

今日の名言

天才ってのは自分を信じることなんだ

ゴーリキー 1868〜1936 ロシアの小説家 劇作家

どん底“という戯曲のセリフからです。

天才とは、辞書では、

生まれつきそなわった、特別のすぐれた才能(を もつ人)。

引用:三省堂国語辞典 第七版

という意味ですが、どんな人間でも自分を信じることができれば、自分が本来持っているが、発揮できなかった力を出すことができる。といった感じでしょうか。

人間誰でも恐怖や不安に思う心を持っています。

きっとそれが邪魔をして、思うように実力を発揮できず、その結果、自分には才能が無いと思い込み、さらに自分を信じることをできなくなっているのかなぁと思います。

自分を信じること、つまりは、恐怖心や不安から自分を解放できれば自分の実力を発揮できるんだと思うのですが、簡単そうに思えて、実はとても難しく、これができる人が天才ということなのでしょうね。

スイカのまとメ

今日はこれから、雪道の中、遠出の予定です。スリップと吹雪と居眠りに注意しながら行ってきます!

へば、まんつ〜。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました