今日のカレンダー -2月2日-

学び
スポンサーリンク

ども。スイカ(@suika_no_me)です。

東京の中野区の区立中学校で来年度からスカートだけではなく、スラックス(ズボン)を選択できる様になるそうです。

指定された記事が見つかりません|ニフティニュース
記事が見つかりません。

デリケートな部分もありますが、アンケートをとり、区長に提案するという行動に移した小学生も、この提案を受け、実現した中野区も素晴らしいなと思います。

このニュースとあまり関係ないんですけど、中学校には意味不明な校則が今だに多数存在しているそうです。

例えば、女子の”三つ編み禁止“とか”お団子禁止“など、三つ編みやお団子にしたところで、何が悪いのでしょうか?

過去には生まれつき髪の色が茶色の生徒に髪を黒く染めるように強要し、訴訟まで発展した事例もありましたけど、なんなんでしょうね?

そのルールにどういう意味があって決めたのかが全く理解ができないのですが、どうなんでしょ?ホントに教えて欲しいですね。教えて!決めた人!

ボクが中学生の頃は、男子は全員”丸刈り“でした。だから、入学前はとても憂鬱でしたね。

ボクたちが生徒会を担うようになった時に校則を変えようと署名運動などの取り組みが実を結び、校則を変えることができた時のことを少し思い出しました。

おかしいと思うルールについては、声を上げ、行動に移すことも時には必要なのだと思いました。

さて、2月2日はどんな日でしょうか!?調べてみましょ!

スポンサーリンク

2019年2月2日

京都伏見稲荷大社初午大祭

京都伏見稲荷大社初午大祭(きょうとふしみいなりはつうまたいさい)
は、”京都伏見稲荷大社“で2月初午の日に行われる祭事で、

稲荷大神が稲荷山の三ヶ峰に初めてご鎮座になった和銅4年2月の初午の日をしのび、大神の広大無辺なるご神威を仰ぎ奉るお祭で、2日前の辰の日に稲荷山の杉と椎の枝で作った“青山飾り”をご本殿以下摂末社に飾りこの日を迎える習わしがあります。

引用:祭礼と行事|伏見稲荷大社

とのことです。

初午

“初午(はつうま)”とは、

二月のはじめの うま(午)の日。稲荷神社の祭りの日。

引用:三省堂国語辞典 第七版
とのことで、”稲荷神“のお祭りなので、”稲荷神“の使いであるきつねの大好物の油揚げを使った”いなり寿司“お供えする”初午いなり“という風習もあります。

今日の名言

水滴石を穿(うが)つ

羅大経 生没年不詳 中国南宋の文人

雨垂れ石を穿つ“や”点滴石を穿つ“とも言われます。

雨だれでも同じ所に落ち続けていると、下の石に穴があく

小さな力でも続けていると大きなことができる。

引用:三省堂国語辞典 第七版

たとえ微力でも続けていくことが大事ということですね。

最近紹介した名言は、小さな積み重ねの大事さを説いたものが続いてますね。

千里の道も一歩より起こる

今日のカレンダー -1月30日-

千日の稽古を鍛(たん)とし 万日の稽古を練(れん)とす

今日のカレンダー -2月1日-

スイカのまとメ

最近、夜更かしし過ぎて寝不足が続いてます。

12時前に寝る様に改めないとなぁ。

へば、まんつ〜

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました