今日のカレンダー -1月20日(の復習)-

学び
スポンサーリンク

ども。スイカ(@suika_no_me)です。

いやー。毎日寒いし、道路のコンディションも悪いんでそんな時の車の運転は憂鬱以外の何物でもないんですが、道路のコンディションがどうあれ、冬季間に車を運転するときは、追突したり、されたりしないようにいつも以上に、むしろやりすぎな位に車間距離をとるのが鉄則とボクは思っているんですが、自動車専用道路を走ってて、後ろの車が雪がない時と同じ感覚で車間距離を詰めてきてたんですが、もう。

バカなの?

と思いつつイライラしながら運転してました。

こうなると、自分がスピード上げると、スリップの可能性があるし、前の車の車間距離を詰めることになり、下手すると自分が突っ込んでしまう可能性があるんで、とにかく後ろの車が突っ込んでこないことを祈るしかないんですね。ホント自分の運転にどれだけ自信があるかわからなですけど、車間距離を詰められたら生きた心地がしないんで、その辺考えて運転して欲しいですね。

あと、大型トラックに車間距離を詰められた日にはもう最悪です。死を覚悟するくらいの気持ちで運転しなくてはなりません。

さらに吹雪とかだったら泣きたくなります…。

雪道を運転する全てのドライバーの皆さんは時間には余裕を持って、車間距離は十分に取って安全運転を徹底して欲しいですね。

心からお願いします

もちろんボクも気をつけます。

さて、1月20日はどんな日だったでしょう!?調べてみましょ!

スポンサーリンク

2019年1月20日

①二十日正月

二十日正月(はつかしょうがつ)“とは、

一月二十日。正月の祝い納めの日。

引用:三省堂国語辞典 第七版
とのことで、地方によっては、正月に用意した魚のかしらや骨なども野菜などと一緒に調理し、残さず食べることから、”骨正月“や”骨くずし“、”かしら正月“とも呼ばれているそうです。

その他にも、麦飯にとろろをかけて食べる風習がある地方では、”麦正月“、正月のご馳走を食べ尽くす風習から石川県では”乞食正月“、群馬県では”棚探し“、岐阜県では”フセ正月“とも言われているそうです。

②大寒

大寒(だいかん)“とは、

二十四節気の一つ。一月二十日ごろ。一年でいちばん寒い時期。

引用:三省堂国語辞典 第七版

とのことで、”1月20日〜2月3日(立春の前の日)“までのことを言います。

ボクの住んでいる地域では、0.2〜-8.8℃でした。流石に寒かったですね〜。よりによってそんな時に、外でスキーのワックスがけしてましたよ(笑)

しかもその後、喉が痛くなってきたんですけど、風邪かな…。

スイカのまとメ

今日は寒いのでいつもより短めになりました(汗)

へば、まんつ〜。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました