今日のカレンダー -1月19日(の復習)-

学び
スポンサーリンク

ども。スイカ(@suika_no_me)です。

今日の記事について調べ物してたら、気になったことがあったんですが、

去年の1月19日、小室哲哉さんが引退を表明したんですよね。結構前の出来事だと思ってたんですけど、やはりもう表舞台に出ることはないんですかね。

プロデュースした数々のヒット曲は当時の思い出を呼び起こしてくれます。

特にtrf(TRF)には一時期とてもハマってました。まさかDJ KOOさんがバラエティ番組に出まくっているのは当時想像もできませんでした(笑)

あと、まだ先の話ですが、2038年1月19日3時14分7秒(協定世界時)を過ぎると、コンピュータが誤作動を起こす可能性がある”2038年問題“が懸念されています。

C言語“というプログラミング言語の”time_t型“という”データ型“が関係しているもので、この”データ型“を前提に作成したプログラムは”1970年1月1日0時0分0秒(協定世界時)“からスタートし、”2,147,483,647秒”経過すると、演算された結果が本来格納される場所とは違う場所に格納される”オーバーフロー“を起こしてしまい、誤作動を引き起こすようです。

過去にも”2000年問題“がありましたが、これよりも厄介な問題のようで、”time_t型“の範囲の半分を経過した2004年にはATMの誤作動ケータイ料金の誤請求など、トラブルが発生していたそうです。

まだまだ先のことではあるのですが、大きなトラブルなく回避できればいいなと思います。

…と前置き長くなりすぎたので、これで終わろうかなと思いましたが、1月19日はどんな日だったでしょうか!?調べて見ましょ!

スポンサーリンク

2019年1月19日

①トークの日

トークの日“とは、NTTが民営化後の1986年(昭和60年)に制定した記念日です。

現在では、電話だけではなく、メールやLINEを始めとするコミュニケーションアプリ、SNSなど様々な形でいつでも、どこでもコミュニケーションが取れるようになりました。

手軽にコミュニケーションが取れるようになった今こそ、コミュニケーションについて考えてみるのも良いのかもしれませんね。

②臘日

臘日(ろうにち・ろうじつ)“とは、日本の暦の注記の一つで、

・”小寒”後の2度目の”辰の日”
・”大寒”に近い”辰の日”
・”大寒”後の”戌の日”
・旧暦12月9日

日取りの選び方については、上記の説があるようです。また、一年の最後の日、大晦日を”臘日“と呼ぶこともあるそうです。

③旧暦12月14日

大石良雄ら赤穂浪士が吉良義央邸に討ち入り。主君浅野長矩の仇を討つ(仇討ちは翌日未明)。

引用:12月14日 (旧暦) – Wikipedia 2017年12月31日 (日) 11:19 UTC

あの有名な”忠臣蔵“の討ち入りの日ですね。

大石良雄(おおいしよしお・よしたか)“は”大石内蔵助(おおいしくらのすけ)“、”吉良義央(きらよしひさ・よしなか)“は”吉良上野介(きらこうずけのすけ)“、”浅野長矩(あさのながのり)“は”浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)“のことです。

小さい頃、年末によく放送されるイメージがあったのですが、最近はさっぱり放送されないですよね。

④今日の名言

まけてのく人をよわしとおもうなよ 知恵の力の強きゆえなり

高杉晋作 1839〜1867 幕末の志士

負けて退いたものを弱者だと思うな。負けた相手は知略に長け、引き際をわきまえ、無駄な負け戦はしないだけかもしれないからだ。

といった感じでしょうか。

例えば、仕事で何かミスをしてしまったとして、ミスを取り返そうとすればするほど、ドツボにハマり、取り返しがつかなくなってしまう人もいれば、逆に損をするとわかっていてもこれ以上は無理だと思ったら、早めに切り上げ損失を最小限に抑えるように行動し、反省点を踏まえて次に繋げることができる人もいます。

前者は確かに頑張りの後は見られるかも知れませんが、結局、結果を残せないので、愚かな判断をしたなと思えますし、後者の場合は、やはり前者より賢く思えます。

負けるが勝ち“という言葉も今日の名言に通ずるものがありますね。

何事も引き際が肝心ということですね。

ちなみにボクは迷うことが多いので、判断が遅れて前者のパターンになってしまうことがあります(汗)

スイカのまとメ

スキーにワックスかけるぞ。
スキーにワックスかけるぞ。
スキーにワックスかけるぞ。
スキーにワックスかけるぞ。
スキーにワックスかけるぞ。
スキーにワックスかけるぞ。

あぁ、スキー行きたい

へば、まんつ〜。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました