今日のカレンダー -1月11日(の復習)-

学び
スポンサーリンク

ども。スイカ(@suika_no_me)です。

やっと3連休ですね!

長い休暇の後の仕事は、色々ボケまくりで大変でした。毎日当たり前にやってた業務も忘れちゃってたりね。

そろそろ、子供達の冬休みも終わりなので、やりかけの宿題に追い込みをかけたり、雪国なので、スキー授業に向けてスキーにワックスかけたり、読みかけの本を読んだり、書きかけの記事を書いたり
なんか踏んでる感じになってますが、多分ボク自身、かなりのめんどくさがりなので後半の部分はやらずに終わるかもしれませんね(笑)

前置きはここまでにして、1月11日はどんな日だったでしょうか!?調べてみましょ!

スポンサーリンク

2019年1月11日

①不成就日

選日の一つである。 何事も成就しない日とされ、結婚・開店・子供の命名・移転・契約・芸事始め・願い事など、事を起こすことが凶とされる。

引用:不成就日 – Wikipedia 2016年10月7日 (金) 10:11 UTC

今年2回目の”不成就日”でした。何かを始めたりするのは控えた方が良かったかもしれません。

②蔵開き

蔵開き“とは、

その年はじめて蔵をひらき、本式に商売を始めること。昔は一月十一日。

引用:三省堂国語辞典 第七版

昔は商家や農家で新年に初めて蔵を開き、祝ったそうですが、酒蔵の蔵開きのイベントで賑わっているイメージがありますね。

③鏡開き

鏡開き“とは、

一月十一日に鏡もちを食べる行事。ふつう、しるこにする。

引用:三省堂国語辞典 第七版

おしるこ以外にもお雑煮やおかきにして食べるのが一般的でしょうか。パックのタイプしか用意したことがないので、ちゃんとした鏡もちは食べたことがないんですが、おかきにしたらうまそうですね!

④中段(十二直) あやぶ

あやぶ(危)“とは、

何事も危惧し、控えめにすべき日とされ、旅行や登山、船出などは自重する。酒造り、神仏をまつるには吉。

やはり、今日はおとなしくするのが正解だったようですね!

⑤旧暦12月6日

地震が相次いだため建暦より建保に改元

引用:12月6日 (旧暦) – Wikipedia 2013年3月12日 (火) 16:47 UTC

大地震が年に3回も発生したそうですが、鎌倉時代の歴史書、”吾妻鏡(あずまかがみ)“には家屋の損壊や山崩れ、地割れなどがあったという内容の記載がありましたが、詳細な状況までわかりません。今でいう東日本大震災級の大地震だったのでしょうか…。

地震続きで元号が変わることもあったとはびっくりですね!今はどうか変わりませんが、これから迎える新しい時代は、災害の少ない平和な時代であることを願うばかりです。

⑥大安 さる

大安(たいあん)“とは、

俗に、旅行・結婚など すべてに縁起がいいという日。だいあん。

引用:三省堂国語辞典 第七版

でも、”不成就日“だったんですよね…。

さるは、”“と書きます。

⑦九紫 つちのえ

九紫(きゅうし)“とは、”九紫火星(きゅうしかせい)“とも言われ、

九星で、五行の火に属する唯一の星である。

引用:九紫火星 – Wikipedia 2018年12月17日 (月) 04:03 UTC

とのことです。

つちのえ(戊)“は、

十干の5番目である。陰陽五行説では土性の陽に割り当てられており、ここから日本では「つちのえ」(土の兄)ともいう。方位では中央に宛てられる。時刻では午前4時ごろを指し、午前4時から午前6時までを戊夜(ぼや)という。

戊の字は「茂」に通じ、植物の成長が絶頂期にあるという意味で、十干の5番目に宛てられた。 十干を順位づけに使った場合には、戊は5番目の意味となる。

西暦年の下一桁が8の年が戊の年となる。

引用:戊 – Wikipedia 2013年3月24日 (日) 08:33 UTC

とのことです。

⑧中潮

上弦の月の手前ですね。小潮になっていきます。

⑨二十八宿 鬼(キ)

鬼(キ)“とは、”鬼宿(きしゅく・たまおのぼし)“と言われ、

大吉日にて何事にもよし。

とのことです。鬼って字がつくとあまりよろしくない印象なのですが、とても良い日のようです。しかし、”不成就日“。うーん。

⑩今日の名言

すべての大偉業は最初は不可能事だといわれた

カーライル 1795〜1881 イギリスの歴史家 思想家

スイカのまとメ

考えると、今こうしてPCに向かって文章を入力し、ネットを通じて発信したものがネットに繋がっていれば世界中どこにいても見られるようになっていてそれは当たり前になっています。

今当たり前にできていることが昔は不可能だと言われたり、思われていたんですよね。

その陰にはたくさんの科学者や技術者の努力と数え切れないほどの失敗の積み重ねがあったんだと思います。そうした技術の進歩により、昔できなかったことが今当たり前にできることに感謝する気持ちは忘れちゃいけないなと思います。

また、何かに取り組む時に、失敗を恐れて、他人任せにしたり、何も行動を起こさなかったりするのではなく、失敗する事を恐れずに、地道に取り組む事が大切で、それが、自分が求めているもの(こと)へ必ず繋がると今日の名言から感じました。

ボクの場合は、まず、めんどくさがりなところを直すのが不可能だと思っているので、そこをなんとかしないと(笑)

せっかく真面目な文章書いたのに一瞬で台無しにしたところで、

へば、まんつ〜。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました