【ス】iPhone6とiPhone6 plusは油断しなくてもケースとか買うとき間違えやすいから気をつけろ!という話

ガジェット
スポンサーリンク

工作系は最初は良くても最後がグダグダになってしまうスイカ(@suika_no_me)です。

iPhone6を買った時に別に注文していたケースが届いたのですが、開けてみて呆然。サイズが合わない・・・

どうやら間違えて注文しちゃってました。いくらお安いケースを頼んでたとしても、もったいないものはもったいない。と言うことで、iPhone6 plusのケースでiPhone6を使えるようにしてみましょう。

スポンサーリンク

100均のものでiPhone6 plus用ケースをiPhone6で使えるようにする

大きさ違うケースをどうやって使えるようにするするんだよ!大きさ合わないならアウトでしょ!?って思われるかも知れませんが、その通りです。サイズを変えられないから無理ですよね。普通のケースなら。ケースと言ってもいろんな種類のケースがあるわけですが、実は、ボクが購入したのは手帳型のケースだったんです。

こんな感じの

ケースです。

ボクが今回やろうとしてるのは、本体を取り付ける黒いケース部分を取り外し、iPhone6用のケースを付け直す。それだけです。なんて安易なんでしょ。良いんです。使えるようになればね。

早速外してみましたよ。案外呆気なくペリペリッとキレイに取る事ができました。

接着剤なのか両面テープなのかよく分かりませんが、粘着力は強力なモノじゃ無かったようですね。なんだか微妙な気分になりました…。

気を取直して、用意したケースはコチラ。100均のハードケース(ブラック)でございます。

コチラは内側ですね。先程取り外したケースよりも良さげと思うのはボクだけでしょうか?

コチラは外側。

両面テープも100均で購入しました。勘でSサイズをチョイス。

丁度ケースが着くと思われる位置にテープを付けます。運良く勘が当たったっぽいですね。丁度良く貼れました。

慎重に位置を合わせてケースを100均ケースを貼り付けました。が、ちょいと両面テープがこんにちはしてますね。うん。安定の最後グダクダ感がにじみ出ておりますw

本体を取り付けるとこんな感じ。やっぱりはみ出てるテープが気になります。

手にとってみると、しっかり握れない感じがします。しかもデカイから「あ。こりゃダメだ」っていう感覚しかありません。最初から両手で操作するつもりで使わないとダメですね。やはりサイズの差は大きい事がよく分かりました。(当たり前)

スイカのまとメ

今回、失敗を取り戻そうと悪あがきをしてみましたが、使おうと思えば使えるけど、若干使いづらいという、結果としては微妙な感じとなりました。

失敗を取り返そうとするというのは悪いことではないんですが、そもそもくだらない失敗をしない様にすれば良かった話なんですよね。

では、今回のような失敗をしないためにはどうするべきだったかまとめて締めたいと思います。

  • 商品名、商品説明等に『plus』の表記の有無を見る。
  • 商品名に4.7inchや5.5inch等ディスプレイの大きさを表記しているものがあるので、そちらも、見間違えないよう注意深く見る。
  • 稀にiPhone5用が混じっている事があるのでそのつもりで見る。
  • 注文確定前には深呼吸をして、冷静に間違えが無いか確認してから確定する。
  • 体調が悪い時に買わない
  • 勢いで買わない。
  • 酔った勢いでも買わない。
  • どうせ買うならちょっと高くても良い物を買った方が正解の可能性が高い。

これだけ注意すればボクのような失敗はかなり低いと思います。手軽にポチられるこのご時世。最終確認は慎重に良い買い物をしましょう。

へば、まんつ~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました