【ス】GJ!秋田の高校生!あきたっぷるが激ウマだった!!

食レポ
スポンサーリンク

何気に菓子パンが好きなスイカ(@suika_no_me)です。どうもこんにちわ。
ブログ開設早々更新ができずちょっとヘコんでましたが、いつまでもヘコんじゃいられないと言う事で、張り切って更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

秋田市の高校生が商品開発に携わった菓子パン!その名も「あきたっぷる」!

aktiapple

いきなり地元ネタで恐縮なのですが、先日買物に行った時にふと目についた見慣れない商品。しかも、「あきたっぷる」という何ともかわいいネーミング。CDにしても菓子パンにしてもあまりジャケ買いはしない派でお馴染みのボクなのですが、気づいた時には商品に手がそっと伸び、買物カゴに入っておりました。だって「高校生の熱意をぎゅぎゅっと美味しさに込めました」ですよ!?地元愛の強い(?)ボクとしてはどれどれ、その熱意がどの位のものか確かめてやろうじゃないの!!ってなるわけですよ。

17歳の6次産業化プロジェクト

袋を開ける前に裏の方もちょっと見てみようって事で見てみるとこんなのが載ってました。

あきたっぷる2

平成25年度に秋田市の金足農業高校・秋田商業高校・秋田工業高校の生徒30人が、市内産農林水産物を活用した商品開発を行う「17歳の6次産業化プロジェクト」に取り組みました。

ということなんですね。これって何年か前から継続的に行われてきているプロジェクトだったんですねー!
スミマセン。知りませんでした(汗)こういう取組って地産地消に取り組む上で、地元の高校生が作りました!ってのが売りになって地域の消費の活性化に繋げるためにとっても有効なわけじゃないですか。そしてそれが地産地消だけじゃなく名産品化して他の地域の方に知ってもらいより地域が潤うきっかけにだって成り得るんじゃないかなぁ。とも思います。高校生レストランとかあるじゃないですか!
でもボクのように同じ地域にいながら知らない人もいるわけで、なんとかこういった素晴らしい取り組みをうまく広げてほしいなぁと思っちゃいますよね!

いよいよ食べてみる

あきたっぷる3

商品を見た感じ。これは秋田出身の人か秋田好きの人にしかわからないと思いますが、たけや製パンの看板商品バナナボードにそっくりなんですね〜。
そう。それもそのハズ。製造はたけや製パンなんですね!ちなみにバナナボードとは関東や首都圏にお住まいの方にはヤマザキのまるごとバナナのような感じのモノと言えばわかるんじゃないかな?って思います。

あきたっぷる4

割ってみた感じ。結構大きい秋田県産(りんごは青森だけじゃないよ!)の大きめにカットされたりんごが、たっぷりのクリームに包まれて入ってるー!
食べてみると、りんごのさっぱりとした甘酢っぱさとクリームのスイートな甘さが混ざり合ってメチャクチャ美味しい!りんごは煮詰めたものなのかな?程よく柔らかく、かつサクッとしたリンゴ本来の歯ざわりも残されていて、まさに新食感でした。

スイカのまとメ

高校生すげー!正直ここまで美味しいとは思っていませんでした。高校生ナメんな。
これはまた是非買って食べると思います。今度はバナナボードと一緒に食べてみたいなと思ってます。
他にもこのプロジェクトで生まれた商品があるらしいので、機会があったらまた食レポしてみたいと思います。
こういうプロジェクトは秋田市内の一部の高校生だけじゃなく、もっと広がってほしいですね。福井県鯖江市のJK課とかなんて結構テレビで取り上げたりされますもんね。若者少ねーけど元気な若者はいっぱいいるんだぞ的なアピールができれば地域はドンドン活性化していくんじゃないかなぁ。というか活性化してほしいと思います。

へばな!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました